ぷれーんぶれっど流『正論』

18歳、実質ニート。4月から専門学生。真面目なコトばかりブログにまとめていく。Twitterでの誹謗中傷や、同性愛問題、政治問題についての記事が多数。

【韓流ブーム】韓流好きと韓国アンチ【慰安婦問題】

今、若者を中心に、韓流が流行っているようだ。

 

 

こんにちは、ぷれーんぶれっどです。

 

今回は、今一番言いたいこと、

「韓国好きの若者」と「韓国アンチ」の2種類の人たちについて、深く掘り下げて話していきたいと思います。

 

 

 

 

plainbread.hatenadiary.jp

plainbread.hatenadiary.jp

 

 

①韓国好きの若者

韓国が大好きな若者は、私たちが思っているよりも遥かに多いです。

 

TwitterのようなUIで非常に人気なSNS「ひま部」では、韓国好きが集まる「サークル」が大量に作られ、韓国の魅力について熱く語られています。

f:id:PlainBread0605:20181216220457j:image

Twitterでも韓国アイドル専用のアカウントや、#韓国好きと繋がりたいといったタグのついたツイートが多く存在し、若者の間で韓流が流行っていることが一目でわかります。

 

 

②韓国アンチのネット民

一方、韓国が嫌いな人もとても多いです。

慰安婦問題や領土問題を始めとした、政治的な問題が数多く存在します。

こういった問題に対しての厳しい意見がネット上では上がっており、それが韓国嫌悪に繋がっていることが伺えます。

 

「ヤフコメ(Yahoo!コメント)」でも、韓国の話題になると急にコメント数やグッド数が増え、その殆どが韓国に対する強い嫌悪感に溢れています。

 

 

③冷戦状態

先日の防弾少年団の炎上に関しては、様々な意見が飛び交いました。

 

その多くが「日本での活動の禁止を求める声」「謝罪を求める声」だった中、韓流好きによる「日本での活動の続行を求める声」も目立っていたように思えます。

 

そういった状況で、双方の過激な発言が問題となり、第2、第3の炎上が各所で起きてしまいました。

 

韓国好きの人は韓国を貶す人々を嫌い、韓国アンチの人は韓国好きの人を嫌い、世はまさに、「韓流冷戦状態」となっていると言えるでしょう。

 

何故このような溝が出来てしまっているのでしょうか。

まずは、韓流好きの人々について詳しく見ていこうと思います。

 

 

 

④韓流好きは慰安婦問題を知らない?

韓流好きの人々は、その多くが若者です。

果たして若者は、日本と韓国の関係悪化についてどう思っているのでしょうか。

また、そもそも、関係が悪化していることについて知っているのでしょうか。

参考になるのかは分かりませんが、ひま部のアンケート機能を使って調べてきました。

f:id:PlainBread0605:20181216220537j:image

(ひま部利用者全員に対して聞いたもの)

f:id:PlainBread0605:20181216220533j:image

(韓流好きが集まるサークルで聞いたもの)

 

投票してくれた人数が少なくて参考にならないかもしれませんが、このようになりました。

やはり、日韓関係悪化について知っている人はそう多くはないようです。

 

また、BTS問題について、BTSファンが集まる場所で聞いたところ、このようになりました。

f:id:PlainBread0605:20181216220548j:image

こちらについては皆さまの考えにお任せします。

 

 

 

⑤韓国アンチは韓流の流行を知らない?

では、次は韓国アンチの人々についてのお話です。

よく言われているのが、

「韓流ブームは存在しない」

「メディアによって作られたものなのだ」というものです。

そういった意見はヤフコメやTwitterを中心に強く支持されています。

 

ですが実際、若者の間で韓流ブームが起こっているのは事実です。

現実世界でもネット世界でも、自分と近い世代の人と話すことが多く、

そういった場合、現状とは違う意見が支持される事もあるということです。

 

恐らくですが、韓国アンチは、韓流ブームについて深く知らない可能性があります。

日本人は皆韓国が嫌い、という固定概念が働いてしまっている可能性もあります。

ですが、実際はそうではないのです...

 

韓流ブームは、実際に存在します。

 

 

 

⑥『お互いを知る』ということ

韓国好きを中心とした、若者の間では、

日韓関係の悪化について知らない人々が多く存在します。

また、韓国が嫌いな人々は、韓流ブームの存在について認知していません。

 

こうした状況でこのまま続いてしまっては、

いつか別の形で大きな問題になりかねないと思っています。

 

『お互いを知る』ということは大切なことです。

 

日韓関係が良くなることを願いながら、

お互いについての知識を深め合うことが必要かもしれません。