ぷれーんぶれっど流『正論』

18歳、実質ニート。4月から専門学生。真面目なコトばかりブログにまとめていく。Twitterでの誹謗中傷や、同性愛問題、政治問題についての記事が多数。

【Twitter】龍神が許されている理由【誹謗中傷の常識】

Twitter上で一番凍結されるべき人物、龍神氏(以下敬称略)は、

何故凍結されずに長期間晒し行為を行えているのか。

 

答えは簡単である。

 

囲いが多いからだ。

 

 

plainbread.hatenadiary.jp

plainbread.hatenadiary.jp

 

plainbread.hatenadiary.jp

龍神のツイートには多い時で300以上のリプライがつく。

多数のRTやいいねがつく。

リプライは殆どが龍神を擁護する声で、龍神を批判する声など殆ど無い

いや、批判などの声を上げた者は全てブロックされ、そのような声が上がっていないかのような状況を龍神自身が作り上げているのだ。

 

もちろん龍神を嫌う者は多いが、声を上げたとしても「ツイート」が精一杯。

下手すれば龍神に晒されて自分のTwitter人生が滅茶苦茶にされてしまうため、声を上げたくても上げれない人もいるのでは無いだろうか。

 

一方、龍神の囲いは龍神を神様のように賞賛している。

龍神が「自分を賞賛することを強制」している証拠も上がっており、そのせいなのかもしれないが、そういった人達は少数だと思われる。

 

では、ここからが本題だ。

 

龍神は何故許されているのか。

 

ネット世界は誹謗中傷がデフォルト状態。

その状況を変えたいと願う者は皆無に等しい。

もう既に変えられるような状態では無いからだ。

 

SNSでは「バカ」「アホ」といった暴言や、

晒し合いは『常識』と化している。

その『常識』を破っている者がおかしいという、常識も。

 

そういったネット世界の『常識』が積み重なった結果が龍神

 

龍神はその『常識』が崩れない限り永遠に存在し続ける悪魔である。

 

 

plainbread.hatenadiary.jp

plainbread.hatenadiary.jp

 

@kiritoninattaが凍結したところで、

第2、第3の龍神はすぐに現れ、

ソレが大多数の声によって支持され、

長期間インターネットを支配するだろう。

 

誹謗中傷を『常識』と見た大勢のネット民が、

龍神を許しているのだ。

 

そこには龍神を知らない人も含まれる。

誹謗中傷を止めようとしなかった者、全員が加害者だ。

 

 

イジメなんてそんなもんでしょ。

 

 

 

 

 

 

貴方はそれでも、ネット世界が汚いのを

『常識』で済ましますか。

 

貴方は、汚れたネット世界を放っておき、

また加害者になるのですか。

 

 

 

 

 

龍神という悪魔は、『常識』の創造物に過ぎない。

 

 

plainbread.hatenadiary.jp

 

 

plainbread.hatenadiary.jp