ぷれーんぶれっど流『正論』

19歳、実質ニート。専門学校1年生。真面目なコトばかりブログにまとめていく。Twitterでの誹謗中傷や、同性愛問題、政治問題についての記事が多数。

【Twitter】同性愛者の訴えは‘公共の福祉’に反する?同性婚反対派の人と話してみた結果www【LGBT差別】【社会的便益】

日本国憲法13条

『すべての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする』

 

f:id:PlainBread0605:20190125033542p:image

 

 

こんにちは、ぷれーんぶれっどです。

 

 

突然ですが、ざっと、こちらのリプライ欄をご覧ください。

 

 

男女間以外の婚姻は論外だとしている人が居たので、

私のブログ記事のリンクを送ってみたところ返信が来ました

 

 

Twitter上での会話をココにまとめさせていただきます。

 

 

A(会話相手)「男女間以外の婚姻は論外。同性婚の社会的便益を説明しなさい。」

 

「そもそも『権利』なのだから保障されるのが当たり前。」

 

A憲法改正にはコストがかかる。一般国民も負担することになる。それは駄目だ。」

 

生活保護制度は?」

 

A「それはもう既に保証されているから問題ない。」

 

「じゃあ新たに(一般国民が少数派のために負担するような)権利を保障しても問題ないだろう?」

 

A「誰もが世話になる可能性がある生活保護制度と、同性婚は同列に語ってはいけない。」

 

「利益どうこうではなく、認められるべき権利を認めてあげる気は無いのか。」

 

A「社会的便益が無いから無理。公共の福祉に反する。」

A「今でも普通に生活することが出来るんだから他の人に迷惑をかけずに静かに暮らせばよい。」

 

LGBTへの差別発言が多いし、婚姻の権利が侵害されている。普通に生活なんてできない。」

 

A「同性愛者の婚姻の権利を認めるには、社会的便益を示さない限り無理。」

 

 

 

社会的便益、公共の福祉に反するなどという文章が何回も送られたため、

お話にならないと思い、返信を終わらせることにしました。

 

 

ただ、正直、こういった意見を完全論破できなかったのも事実です。

私の力量不足が悔やまれます。

 

 

勿論、こういった意見がおかしいのは事実です。

 

同性婚を認めることが公共の福祉に反するわけが無いし、

異性愛者に利益が無かったとしても認められるべき権利です。

認めた時点で損をする人なんて誰も居ないんですから。

また、憲法学者の中で、憲法24条は同性婚を否定するものではないという見解があります。

 

 

『そういうものなのだ』としか考えていなかった私の頭が固いのでしょうか。

いや、絶対に違うはずです。

 

 

同性婚を認めることによって増える負担とはいったい何でしょうか。

手続きにかかる時間と税金でしょうか。

そんなもの極々少数です

気にするほどではありません

それによって他人の人権が守られるのであれば全く問題ないのです。

 

ただし、それに対し相手はNOと言ってきました...

 

 

ああいった極論で殴りかかってくる人が居る限り、同性愛者は結婚できないままなのでしょう。

悲しい現実を見てしまいました。

 

 

話は変わりますが、同性婚によって少子化が進むということもあり得ません

そういった反対意見を殆ど全て取り扱い、その全てを論破した記事もありますのでそちらもご覧ください。

plainbread.hatenadiary.jp

plainbread.hatenadiary.jp

 

 

(追記)この話の続きの記事が出来上がりましたのでそちらも是非ご覧ください。

plainbread.hatenadiary.jp

 

 

では、私はこれで。

失礼します。

 

ブログ応援のため、下記ボタン押してくれると嬉しいです。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村