ぷれーんぶれっど流『正論』

18歳、実質ニート。4月から専門学生。真面目なコトばかりブログにまとめていく。Twitterでの誹謗中傷や、同性愛問題、政治問題についての記事が多数。

【Twitter】それ意味無いよ!絶対にやってはイケナイ事まとめ。

こんにちは、ぷれーんぶれっどです。

 

先日、Twitterにおける、

フォロワーやいいね、RTの増やし方について説明しました。

元万垢保持者が語る“フォロワー”と“RTいいね”を稼ぐ裏技【Twitter攻略法】 - ぷれーんぶれっど流『正論』

 

今回は、Twitterでやってはいけない事についてご説明させていただきます。

 

 

 

Twitterでフォロワーを増やすメリット

まずはフォロワーを増やすことによって何が得られるのかを簡単に説明していきましょう。

そもそも皆さんは、Twitterをどのような目的で利用していますか?ネット上の様々な人とコミュニケーションを取るため、ブログなどのサービスの宣伝のため、情報収集のため、などなど...色々な目的があるのだと思います。

これらの目的を達成するためにはフォロワーの存在は欠かせません。

フォロワーの数は、その人の容姿を表していると言っても良いでしょう。フォロワーが0人、つまり誰からも好かれていない。このような人と絡みたいと思うかと言われれば微妙なところです。その逆で、フォロワーが1万人いれば、“ある程度影響力がある=信じられる人だ”と評価され、絡みに来てくれるようになります。

 

フォロワーを増やすということはつまり、自らの容姿を良くするという事。

綺麗な服を着て、綺麗な靴を履いて、綺麗な帽子を被って、ネット世界で生きたいですよね。

ならば、まずはフォロワーを増やすところから始めましょう!

 

 

絶対にやってはいけない4つのコト

f:id:PlainBread0605:20190313115424j:image

“フォロワー購入”は全く意味ない!

「フォロワーを増やしたいならフォロワーを購入すればいい!」なんて安直な発想では後々痛い目を見ることになります。

実際にフォロワーを購入することは“可能”です。しかも、数千円程度という激安価格で購入することが出来ます。規約には反しますけどね。

しかし、規約に反するからイケナイ、というのでは少々説得力が足りません。

では何故駄目なのか。

 

フォロワー購入サイトやヤフオク等でフォロワーは購入することが出来ます。ただしそういった方法でフォロワーを増やしても、芸能人などのフォロワーのような『生きているフォロワー』ではなく、『死んでいるフォロワー』が増えるだけなのです。

生きているフォロワー?死んでいるフォロワー?よく分からないと思います。もっと分かりやすく説明しましょう。

『リプライを送ってくれる人』『いいねRTなどを押してくれる人』はお金を払っても増えることはありません。購入して増えるのは“フォロワーの数値”のみ。宣伝力が高まったり、コミュニケーションを取れる相手が増えるわけでは全くありません。フォロワーの数値をお金で買う事には全く価値がありません。

 

生きているフォロワーとは、自分のツイートを見てくれて反応してくれる人のこと。

死んでいるフォロワーとは、自分のツイートを全く見てくれない人のこと。

Twitter上で影響力を持つためには、生きているフォロワーを増やす必要があります。そうでないとフォロワーを増やす意味がありません。

 

 

 

“定期ツイート”はフォロワーを減らすだけ!

 「おはようございます!」といった文章を毎日午前8時に自動的に投稿することは“可能”です。他の非公式サイトとTwitterアカウントの連携を行うことで、自動的にツイートする『定期ツイート』が利用できます。しかもこれは規約には反していません。(2019年春段階)

こういったサービスを使えばフォロワーとのコミュニケーションを取る機会が増えるのではないかと思い、使っている人も少なくはないのではないでしょうか。

しかし、この定期ツイート、全くの無駄行為です。

 

定期ツイートは基本的にすぐにバレます。「おはようございます!今日も頑張りましょう!」のような単純な文章だと2日目でバレるのは想像が付くと思います。

定期ツイートを行えるサービスでは、曜日ごとにツイート内容を変えることなどもできますから、それを利用して7日間周期で定期ツイートの内容を変えればいいのではないかと言う人も居ると思います。ですがこれも簡単にバレます。

定期ツイートを利用する人は何がしたいのかというと、『長期間』『同じ文章を』『同じ時間に』ツイートしたいから、利用するわけですよね。この『長期間』というのがポイント。長期間同じツイートが同じ時間にツイートされていれば、フォロワーは不思議に思うはずです。

何週間か経過し、何度も同じツイートを見ることになったフォロワーはどのような行動を取るでしょうか。恐らく“ミュート”することになるでしょう。そうなってしまっては、せっかく得た『生きているフォロワー』が『死んでいるフォロワー』になってしまいます。

 

よって定期ツイートは逆効果です。

既に設定しているという方はすぐに解除しましょう。

 

 

 

“自動返信(送信)”も必要ない!

こちらも定期ツイートと似たようなサービスで、他の非公式サイトとTwitterアカウントの連携を行うことで利用できます。例えば、フォローされたときに、DMに「フォローありがとうございます!」といった文章を送ることが出来る、画期的(?)なサービスです。

何故この自動返信機能は必要ないのか。

 

そもそもDMにフォローされた時の挨拶に行く人は、何かの目的をもって挨拶に行くわけです。今回は『コミュニケーションを取るキッカケにしたいから』という理由で自動送信機能を使っている場合について説明します。

相手との会話を楽しみたいとのことですが、そのためにはまずは相手の事を自らが知る必要があります。自分が相手の事を知っていないのに、相手に自分の事を知ってもらいたいなんてなかなかな暴論です。これからコミュニケーションを取りたい相手なのに、自動送信機能を使って挨拶をするのは不適切。しかも、自動送信ですから、自分の苦手なタイプの人にも送ることになってしまいます。これはあまりお勧めできません。

 

また、自動送信を使う人は何故使うのかというと、『送信したい文の文量が多くて疲れるから』『返信が面倒だから』という理由だと思います。

前者に関しては、恐らく、文量が多い文章を自動的に送信した時点ですぐに自動なのだとバレます。先ほど説明した通り、この後の流れは、ミュートされて『死んでいるフォロワー』になるだけです。

後者に関しては、恐らくあなたはTwitterに向いていません。Twitterをやめましょう。

 

 

 

“絵文字”はおじさん!要らないよ!

絵文字を使っている方、多いと思います。

😄←こんなのとか

😏←こんなのとか

これ、本当におじさんにしか見えないので辞めてください。

 

Twitterは10代の方も多く利用しています。影響力を持つためには、こういった人たちからの注目も必要です。

また、顔文字((*'▽')など)は文章の邪魔にならない程度にどんどん使っていきましょう。アクセントになりまし、10代の人たちも使っているので、悪目立ちしません。

 

 

最後に

Twitterは非常に素晴らしいツールです。

しかし、使い方を間違えてしまえば、あまり人と関わることも無く引退してしまう事になるでしょう。

ここで紹介したやってはいけない事を、必ず覚えておいてください!

 

こちらの記事もご覧ください!

私が黙祷をしない理由。“黙祷なう”の言葉狩りに意味はあったのか。 - ぷれーんぶれっど流『正論』

ネットいじめの原因とは。一億総加害者社会の現状を悔め。 - ぷれーんぶれっど流『正論』

【オワドラ】パズドラが残り数年でサービス終了すると思う理由【2019年】 - ぷれーんぶれっど流『正論』

元万垢保持者が語る“フォロワー”と“RTいいね”を稼ぐ裏技【Twitter攻略法】 - ぷれーんぶれっど流『正論』